用語解説
<防災情報>

(1)竜巻注意情報
(2)土砂災害警戒情報
(3)荒川洪水予報
(4)気象警報・注意報
(5)アメダス

(1)竜巻注意情報
積乱雲の下で発生する竜巻やダウンバーストと呼ばれる破壊的な強風などが予想される場合に、気象庁が発表する情報です。
■留意点
・都道府県単位で発表されます。(本サービスでは、東京地方が対象地域となった場合に、メールでお知らせします。)
・情報の有効期間は約1時間です。(一般的な気象警報・注意報と違い、「解除」はされません。)危険な気象状態が続く場合は、改めて情報が発表されます。
■竜巻注意情報が発表されたら
・竜巻注意情報が発表されたからといって、全ての人がすぐに避難する必要があるわけではありません。
・まず空を見てください。「空が急に真っ暗になる」「大粒の雨やひょうが降り出す」「ヒヤッとした冷たい風が吹き出す」「雷が起こる」などの状況になったら、竜巻が発生するような発達した積乱雲が近付いてきている可能性があります。
・このような状況になったら、頑丈な建物に避難するなど、身の安全を図ってください。
・また、人が大勢集まる屋外行事や高所作業のように、避難に時間がかかると予想される場合には、早めの避難開始を心がけてください。

(2)土砂災害警戒情報
急傾斜地等付近にお住まいの方々が、大雨のときに地域の危険度をいち早く把握し、避難準備・自主避難の判断に役立てることができるよう、都と気象台が共同して発表する情報です。
■留意点
・大雨による「がけ崩れ」と「土石流」の発生の危険性を対象としています。(「地すべり」は技術的に予測が困難なため、対象としていません。)
・市区町村単位で発表されます。(本サービスでは、北区で発表された場合に、メールでお知らせします。)
・個別の災害発生箇所・時間・規模等を詳細に特定するものではありません。
■早期避難が重要です
急傾斜地等付近にお住まいの方は、大雨の際には、土砂災害警戒情報が発表されていなくても、斜面の状況には常に注意を払い、普段と異なる状況に気がついた場合には、直ちに周りの人と安全な場所に避難してください。

(3)荒川洪水予報
気象庁と国土交通省が共同して、指定した河川について、水位や流量を示した洪水予報を行っています。
■留意点
洪水予報には、はん濫注意情報・はん濫警戒情報・はん濫危険情報・はん濫発生情報の4つがあります。「はん濫注意情報」が洪水注意報に相当し、「はん濫警戒情報」、「はん濫危険情報」、「はん濫発生情報」が洪水警報に相当します。「はん濫注意情報」は予報地点のいずれかの水位がはん濫注意水位を越えることが予想されると発表されます。また、「はん濫警戒情報」、「はん濫危険情報」、「はん濫発生情報」は、すでにはん濫注意水位を越えるなど、重大な災害が起こることが予想される場合に発表されます。
■洪水予報が発表されたら
浸水の恐れがある地域にお住まいの方は、雨量やはん濫に関する最新の情報に注意し、いつでも避難できるように準備して下さい。

(4)気象警報・注意報
大雨や強風などの気象現象によって災害が起こるおそれのあるときに「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときに「警報」を発表して、注意や警戒を呼びかけます。
なお、警報や注意報は、状況の変化に伴って現象の起こる地域や時刻、激しさの程度などの予測が変わる事があります。
そのようなときには、発表中の警報や注意報の「切替」を行い、内容を更新しますので、最新の警報や注意報をご利用ください。
また、災害のおそれがなくなったときには、警報や注意報を解除します。
北区の主な警報注意報の発表基準は、以下のとおりです。
■警報
・大雨:3時間70mm以上(土壌雨量指数も併用)
・洪水:3時間70mm以上(流域雨量指数も併用)
・暴風:平均25m/s以上
・大雪:24時間20cm以上の降雪
■注意報
・大雨:3時間40mm以上(土壌雨量指数も併用)
・洪水:3時間40mm以上(流域雨量指数も併用)
・暴風:平均13m/s以上
・大雪:24時間5cm以上の降雪

(5)アメダス
アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。
雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。
アメダスは1974年11月1日から運用を開始し、現在、降水量を観測する観測所は全国に約1,300ヶ所あります。
このうち、約850ヶ所(約21km間隔)では降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているほか、雪の多い地方の約290ヶ所では積雪の深さも観測しています。
データの種類と内容は、以下のとおりです。
・降水量:降ってくる雨や雪の量を0.5mm単位で表しています。
・風向:観測前10分間平均の風の吹いてくる方向を16方位で表しています。
・風速:観測前10分間平均の風の速さを1m/s単位で表しています。
・気温:空気の温度を0.1℃単位で表しています。
・日照時間:太陽が照らした時間を2分刻みで表しています。

戻る