用語解説
<洪水予報>

気象庁と国土交通省または都道府県の機関が共同して、指定した河川について、水位や流量を示した洪水予報を行っています。

目次
■情報の種類について
■水位危険度レベル
■洪水予報が発表されたら
■参考情報

■情報の種類について
洪水予報には、はん濫注意情報・はん濫警戒情報・はん濫危険情報・はん濫発生情報の4つがあります。

「はん濫注意情報」
水防団が水防活動に出動する基準であるはん濫注意水位(レベル2)に達し、さらに水位の情報が見込まれる場合に発表されます。川の近くに住んでる人は避難の準備をしましょう。まずは、洪水ハザードマップで避難場所の確認や自治体から出される防災情報に注意しましょう。

「はん濫警戒情報」
このまま雨が降り続けると、川がはん濫する危険がある場合に発表されます。自治体から出される防災情報に注意し、避難勧告が出されたら速やかに避難をしましょう。

「はん濫危険情報」
河川がはん濫し大きな被害が発生する恐れがあります。増水した川は大変危険ですので絶対に近寄らないでください。川の近くに住んでいる人は避難勧告の有無にかかわらず、自主的に避難するようにしましょう。

「はん濫発生情報」
河川のはん濫が発生しました。まだ避難していない方は速やかに避難してください。また新たにはん濫が及ぶ区域では避難を検討・判断してください。

■水位危険度レベル
レベル5 はん濫の発生
レベル4 はん濫危険水位超過
レベル3 避難判断水位超過
レベル2 はん濫注意水位超過
レベル1 水防団待機水位超過

■洪水予報が発表されたら
浸水の恐れがある地域にお住まいの方は、雨量やはん濫に関する最新の情報に注意し、いつでも避難できるように準備して下さい。

■参考情報
このページの情報は下記のサイトを参考にしています。
洪水時の河川水位名称について(京浜河川事務所)[PCサイト]
指定河川洪水予報の解説(気象庁)[PCサイト]

災害・防犯情報メールの説明へ
TOPへ